ブログ投稿カテゴリ: 胸&肩&腕

昨日はイースターでした。
NYは2年ぶりにイースターパレードが復活し、ほぼ毎年写真家友達と一緒にパレードに行っている夫曰く、「一番の充実度!と、一番の人出!」だったそうです。
イースターパレードが終わったらNYも本格的に春!

今週のオンラインヨガは、「春、バストアップで気持ちもアップ!」

ウクライナ支援イベントに参加して下さった方は体感したと思うんですが、胸がつぶれそうな気持になった時にも、胸を引き上げて広げていくようなヨガをやると、終わった後、なんか明るいエネルギーでいっぱいになりませんでしたか?
嫌な悲しいことを見たり聞いたりすると、もちろん凹みます。
そうすると、いくら「前向きに~!」と言い聞かせても、できんもんはできん!

私はIyengar Yogaで、「胸を引き上げるということはこういうことか!」と学びました。
もっと言うと、Iyengar Yogaをやる前までは胸を引き上げていたつもりが、実は胸を上ではなく前に押し出していて腰を変に反っていました。

バストアップをするためには、お腹と背中、お尻、脚も足も使うのです。
ほとんどの人はそれを無視して胸だけ張っていい姿勢になろうとします。

Iyengar YogaのTeacher Trainingの時に、口を酸っぱくして言われることは、Ovservation。
生徒をしっかり見る、ということ。つまり、生徒さんの好きなようにポーズをさせない、ということなのです。
使いやすい筋肉だけを使ってポーズをさせないので、簡単に見えるポーズもすんごくしんどい。でもだから正しい姿勢になっていくのです。

バストアップできる、ということはお腹が引き上がっています。
内臓が伸びています。
そして肺が広がっています。
それだけで、もう呼吸が深くなって血流がよくなって、内臓が生き生きと活動できるようになり、元気になってきます。
お腹を引き上げるためには、もちろんお尻と脚と足をすごく使います。
お尻は締めます。
足でしっかり踏ん張って脚を細長く引き上げます。
そうすることで気持ちが安定し、安定するからすっと上向きになります。

身体と心は表裏一体です。
まず上に伸びあがる正しい姿勢にしていくと、気持ちも伸び伸び前向きになってきます。

さあ今週は、正しくバストアップして、気分もアップしていきましょう~!

(夫の友人は環境問題をアピール!)

オンラインヨガ2周年記念:ウクライナ支援イベントにご協力ありがとうございました~! (constantcontact.com)

オンラインヨガ2周年記念:ウクライナ支援イベントにご協力下さったみなさん、ありがとうございました!!!
アホな私はイースターの前の日にこのイベントを設定してしまったので、録画参加の人も多かったのですが、その方も含め75名ものみなさんにご協力いただきました。
このイベントのみなさんからのクラス料と直接私宛に寄付を送って下さった合計:$1,030をHelp Vlad Support Ukrainian Refugeesに寄付させていただきました。(直接Help Vlad Support Ukrainian Refugeesに寄付してイベントに参加して下さった方の分は含まれていません。)

 
スピーカーの綾ちゃんから。
「イースターの週末に、ゆかりヨガを心身ともにご一緒くださった皆様、私と夫の話を全身全霊で受け止めてくださって、たくさんのコメントやシェアをありがとうございました。
いつ平和な時が戻ってくるのか、1日1日一つ一つやりくりしている親戚達を含めた多くの方々の強さに想いを寄せ続けます。
昨日ポーランドの夫のいとこは我が子と姪と甥をサポートしつつ、翻訳の単発の仕事を見つけアプライしたと連絡くれました。爆撃の音に体が腑抜けになって、パニックっていた時夫から、毎日来る的確な情報と励ましのメッセージに救われたのだと聞き、周りにいる私達のできる小さな事も本当に救いになるのだと再確認しました。

”つながりがメディスン、人間がメディスンである” とはリストラティブ・サークルを教えて下さったユーコンの先住民の長老のお言葉。トラウマ時でも事件そのものより、それによる孤立が一番絶望に向かい易く、繋がり続けることこそが、癒しと再生につながります。
幾多もの戦争や、9.11, 3.11 様々な事故や災害を乗り越えてきた人々のもつパワーを今回も私は信じます。つなげていく命のために。そうやって繋いでもらった命を生きている私達が何よりの証拠。(旧満州生まれの父は引き揚げでソ連兵に命を奪われそうになり、祖父に救われたお陰で、私の命につながっています)
20年以上の友情から、心をこめてこのイベントに取り組んで下さったゆかりさん(あの情熱と裏表のない即決行動力、昔から変わってません!)には、つくづく自分ごとのように動いてくれる友人のいる事のありがたさを感じ、しかも節々が微妙に痛い程体を隅々まで伸ばしてくださって、ありがとう!
そのゆかりさんのお陰で繋がれた皆さま、そして元同僚の皆さん、暖かいお心とご寄付本当にありがとうございました。責任持ってウクライナのみなさんにお届けします。そして、よろしければ今後もつながり続けて下さい。
もしどこかでウクライナのこと話せる機会や、繋がりのスキルを知りたいという方がありましたら、是非ご遠慮なくご連絡ください。
May peace prevail

復活と再生のイースターに感謝をこめて
あや(野沢綾子) info@myholisticconnection.com FB

早速何人かからメッセージやコメントをいただきました。
FBで公開して下さった方(名前をクリックすると各FBにいきます): エリさん佳子さん由紀子さんみどりさんミミさん純子さん

●「あ~~ん、参加したかった!」と思った方には、このイベントの録画をお送りします!
Help Vlad Support Ukrainian Refugeesに寄付して、簡単にメール(yukarispa@gmail.com)下さい。

(↑ライラックの新芽~❤)

昨日からアメリカはDalight Saving Timeが始まったというのに、NYは氷点下でした。
今日は一転して小春日和~!
ちょっとまだ寒かったですが、植物たちが芽吹いているのを楽しみながら、お庭でランチしました。
花粉症の人は厄介な季節到来でしょうが、私は大地からのエネルギー溢れ出す早春が大好きでーす。

さて、今週は、「バストアップで、気分もアップして春を迎えよう~!」

アイアンガーヨガをやっていると、身体は全てつながっていて、そして身体の状態は心にもつながっていることが、しみじみわかります、よね?
身体が伸びていろいろなところがオープンすると、気持ちもさっぱりスッキリするでしょ!

私は、マフィントップだった下腹を凹ませようと、必死でジムに通って「6パックに近くなったぞ!」と喜んでいた時代がありましたが、自己流でやっていたこともあり、腰痛はひどかったし、頑丈そうに見えて実はよく体調を壊していました。
お腹に力を入れて、6パックを作ろうとしてみて下さい。バストアップできますか?
伸びやかないい姿勢になりますか?

Happy Valentin’s Day!
アメリカに来て驚いたことの一つが、バレンタインデーは女性が必死でチョコを買わなくてもいい!どころか、男性から女性へお花(やプレゼント)を贈ってくれるではないか!
ウチは、いつの間にか「ロブスターとフィレミニョンステーキを食べる日」と化してますが。(笑)

今週は、「見た目にも健康にも悪い巻き肩を改善して、首元すっきり! 」です。

特にコロナ渦で家に籠って。1日の大半をパソコンに向かう日々が続いたせいもあって、肩や首にきてしまっている人の多いこと!あと、ストレスね。

Christmas is coming this week なんですが、NYは暖かかったせいか、年末という感じが全くしないのは私だけでしょうか。(汗)
NYで働きだしたのが2000年だったんですが、とにかくNYの街のクリスマスデコレーションの美しさに目を奪われて、毎日仕事の帰りにあてどもなくどこまでも歩いていた記憶があります。
特に目を釘付けにしたのが、Bergdorf Goodmanのクリスマスウインドウ。
Extravaganza!
以来、ほぼ毎年欠かさず見に行っているくらい大好き❤
今週は「たすき掛けの胸と肩甲骨で捻るから効果あり!」

先週のクラスを受けていなかった人は、「何?たすき掛け???」でしょうが、大丈夫。またやります。

久しぶりにNYの五番街を歩いたら、すんごい人でした。有名ブランド店の前は列ができているし。バブルの時代を生きて、今はヨガ三昧の生活をしている私には、なんか「夏草や兵どもが夢の跡」の芭蕉の句が浮かんできたのでした。(笑)

さて、今週は「自然に美しい姿勢になるためには?」

アイアンガーヨガを2006年からやっているので、うわっ! かれこれ15年もやっているということですが、やればやるほど痛感するのは、身体は全部つながっている、ということです。
「美しい姿勢」は、ある一つのポイントを押さえればいいというものではないということです。よくある「1日1分で美しい姿勢なる」なんてことは絶対にないということです。

昨日のNYのHalloweenはすごかったーっ!(地元のTV、NY1の映像
もうみんは弾けてましたね。
去年の今頃のことを思うと、もう奇跡のような回復ぶり。
まだまだ問題あり、気の重いこともあり、心配や不安もありますが、NYは確実に回復してきていて、ほんとうに嬉しいです!!!

さて、今週は「ノーベル物理学賞受賞の真鍋先生が妖怪なのは、ショルダースタンドができるから!」
・・・ってわけでもないですが(笑)、先日送ったYouTubeで、90歳の真鍋先生がショルダースタンドをやっていたのは目に焼き付いてますねー。
今週は、Salamba Sarvangasana/ Shoulder Standができるよう、必要ないろいろなポーズをやっていきます。

これは私たち夫婦だけのことなんでしょうか?
あるいは日米の違いなんでしょうか?
いやね、この前のハリケーンIdaで隣近所が全部浸水し、駐車場が池になったので、駐車場のコンクリートを全部剥がして吸水性のあるブロックに変えました。
そして奥の土の部分をちょっと残してそこに木を8本植えたんですね。
この木を植える作業を夫婦でやったわけです。
まず等間隔になるように測って印をつけました。
そして木を植える穴を掘ったんですが、さっさと穴が掘れるスペシャルシャベルは1つしかない。
夫がそのスペシャルシャベルで穴を掘りだしたので、私はそこから離れて土と肥料を混ぜ混ぜし始めました。
すると、まだ全部の穴を掘りが終わっていないのに、夫が来て一緒に混ぜ混ぜし始める。
一緒にやっても効率が悪いし、でも穴掘りは重労働だから、じゃあ私は堀った穴に水を入れ始めたら、夫が土を混ぜるのをやめて、「水は肥料と混ぜた土を入れた後にまいた方がいいよ」と言いに私の方に来たんです。
「ねー、なんでいちいち私がやるところに来るわけ?それぞれ違うことを分担してやった方が早く終わるじゃん!余計なお喋りしないでさーあ、まずさっさと穴掘り終わらせてよ!」と、ちょっとムッとして言ったら、「え~~~っ、せっかく一緒にやっているんだから、楽しくゆっくりやろうよ!じゃあ、一休み!」と、まだ30分くらいしかたっていないのに、ココナッツウオーターを差し出されて、唖然。
20年一緒にいますが、また新たな発見・・・。(汗)

ヨガも何年たっても、何度同じポーズをやっても発見の連続ですけどね!

今週は、「腕で胸が広がる、ポーズが気持ちよく決まる!」
先週は秘密兵器の脇の下を伸ばしまくって、あれっ?肩と首がなんだかすっきり!だった人も多かったのでは?
今週は、脇の下を伸ばして動かしやすくなった腕をさらに使って、胸を広げます。
胸が広がると鎖骨も広がり、首が細長く伸びます。
鎖骨が広がると、すっとした背中になります。
鎖骨が縮むと首が太くすくみます。
肩甲骨が首の方に上がってきて首の後ろと背中がもっこりとしてきます。
それが続くと血流とリンパの流れが悪くなり、甲状腺にも影響してきます。
そして胸が垂れ、お腹が下がってくると、呼吸が浅くなり、内臓の働きが低下します。
内臓の働きが低下すると、元気がなくなり、気分も重くなってきます。
あー、こんな状態は書いてるだけで嫌になってきます。

そして腕をしっかり使うことで、ポーズが安定し、気持ちよく「決まった!」ってな感じになります。
「決まった!」というのは、別に10点満点を出す、ということではなく、身体がつながって、すっと気もよく伸びて、身体全体に気が通った感じになることです。
例えば、片足で立つポーズ。いろいろありますが、腕でもバランスを取るんですよ。
息を止めて倒れないように耐える、のではなく、すっとバランスが取れて伸び続けられるのです。
この時バランスの最後の決め手が腕なんです。
これに気付いて腕が正しく使えるようになると、腕もきれいに締まってきます。
腕を正しく使って胸を広げるポーズをやっていくと、終わった後は気分もアップ。
幸せにSavasanaができます。
そして、ほんとうに幸せになっていくと思いますよ!

<瞑想のワークショップ>
瞑想の先生をお招きしてのスペシャル!ワークショップです。

ヨガの最終目標は瞑想から三昧という境地に入ることなんです。
なので「ヨガ」の中には瞑想も含まれるんですよ。
前半はそんな解説をしながら瞑想へ身体と心を整えていきます。
後半は「マインドフルネス瞑想」という、初心者の方でもできる瞑想方法を教えていただきます。
●日時:10月30日(土)1:30~3:00pm (米国東部時間)
・前半45分は瞑想の準備としてのヨガのAsana(ポーズ)とPranayama(呼吸法)w/ゆかり
・後半45分がマインドフルネス瞑想 w/真帆さん
*このWSは録画をしますのでご了承下さい。画面は常にSpeaker Viewにしますので参加者は映りません。
●どなたでも参加していただけます
*この日時に参加できないけど、どうしても受けたい!人には、録画を送ります。
●$25 (クラスパッケージも使えます)
●お申込み:ゆかり’S ヨガのScheduleからお申込み下さい
(新規登録がまだの方はこちらから新規登録後、お申込みできます。)

●瞑想の先生:河内真帆さん
後半のマインドフルネス瞑想は、「今に集中して、今の自分を受け入れる」瞑想法で、アメリカでは従業員の意識と生産性の向上から多くの企業でも取り入れられてます。真帆さんは日本クラブのカルチャー講座でもこのマインドフル瞑想を教えています。(真帆さんの略歴と日本クラブの講座
マインドフルネス瞑想の効果:
・ストレス軽減
・免疫力向上
・リラックス効果
・不眠症・依存症・不安障害などの症状改善
・うつ病などの精神疾患の改善と再発防止
・学習力・記憶力・集中力・の向上
・感情コントロール力の向上
・リーダーシップ力の向上(意思決定直・共感力など

はい、今日は私の誕生日でした。
FBやインスタが世界的にダウンしていたようですが、メッセージを下さったみなさん、ありがとうございました!!!

あまり大きな声で言いたくないんですが、なんと今年が50代最後の歳です。
ひぇぇぇぇ~~っ!自分の歳が信じれーーーん!
が、アイアンガーヨガをやっていると、歳を取るのも楽しみ。
今のところ去年より今年の方がポーズができている&深まってきている。
どんどん身体が伸びて気持ちよくなってきて、どんどん姿勢も動きも改善されています。
これから、どこまで行けるかほんと楽しみでもあるんです!

だからこそ、次の段階=Pranayama(呼吸法)→Dhyana(瞑想法)に進まねば、と思いながら、Asana(ヨガのポーズ)の段階で余りにも楽しみ過ぎている私。
ヨガの最終ゴールは瞑想からSamadhi(三昧:absorption of the consciousness in the self)という境地に至ることなんです。

なので、ヨガ的に言うと、
・Asana(ヨガのポーズ)をやって、瞑想ができるような良い姿勢になれる身体の状態にして、
・Pranayama(呼吸法)でPrana(気)の流れを良くし、
・AsanaとPranayamaの中でPratyahara(五感の制御)とDharana(集中)を高めていって、
・そして、ようやくDhyana(瞑想)への準備が整うわけです。

ヨガにハマる前に、気功の先生の指導の下で瞑想をやり続けた時期がありますが、ずーっと何もせずに座り続けることがなんと苦痛であったことか!・・・の頃を思うと、今はかなり落ち着いて、伸びやかに毎朝瞑想できてます。
ヨガの瞑想へのプロセスは、make senseするけど、しかし、すっごく長い道のり~~~。

でね、そんな長いプロセスをやっていたんじゃあいつ瞑想できるのよ?なので、今月は、瞑想の先生をお呼びして、瞑想のワークショップをすることにしました!
ヨガの最終ゴールでもある瞑想(=それだけベネフィットが満載だということです!)を、一緒に体験しましょう~!
 
<瞑想のワークショップ>

●日時:10月30日(土)1:30~3:00pm (米国東部時間)
・前半45分は瞑想の準備としてのヨガのAsana(ポーズ)とPranayama(呼吸法)w/ゆかり
・後半45分がマインドフルネス瞑想 w/真帆さん
*このWSは録画をしますのでご了承下さい。画面は常にSpeaker Viewにしますので参加者は映りません。

●どなたでも参加していただけます
*この日時に参加できないけど、どうしても受けたい!人には、録画を送ります。

●$25 (クラスパッケージも使えます)

●お申込み:ゆかり’S ヨガのScheduleからお申込み下さい
(新規登録がまだの方はこちらから新規登録後、お申込みできます。)

●瞑想の先生:河内真帆さん
後半のマインドフルネス瞑想は、「今に集中して、今の自分を受け入れる」瞑想法で、アメリカでは従業員の意識と生産性の向上から多くの企業でも取り入れられてます。真帆さんは日本クラブのカルチャー講座でもこのマインドフル瞑想を教えています。(真帆さんの略歴と日本クラブの講座
マインドフルネス瞑想の効果:
・ストレス軽減
・免疫力向上
・リラックス効果
・不眠症・依存症・不安障害などの症状改善
・うつ病などの精神疾患の改善と再発防止
・学習力・記憶力・集中力・の向上
・感情コントロール力の向上
・リーダーシップ力の向上(意思決定直・共感力など)
 
さて、今週は、「秘密兵器の脇の下伸ばし!」
いろいろな種類のヨガがありますが、「脇の下」を伸ばすことまで言うのって、アイアンガーヨガくらいだと思います。
が、脇の下が伸びるとすごいんですよ。
これは秘密兵器。

脇の下が秘密兵器だと知ったのは、マッサージセラピストの解剖学のクラスでなんですが、脇の下って胸(大胸筋)と 背中(前鋸筋、大円筋、小円筋、肩甲下筋、広背筋) の筋肉の末端が集まっているところなんです。
自覚がないかもしれないですが、凝りやすいところでもあるんです。
肩が凝ったからと肩ばっかりほぐしているマッサージセラピストはまだ修行が足らん(or 解剖学を全く勉強していない)、ってことです。

だからまず肩凝りが軽くなり、背中がほぐれます。
背筋がきれいにつき、バストアップになります。
脇の下を伸ばすということは、脇腹も伸ばすことになり、いわゆる”はみ肉”が取れます。
脇の下には、リンパ節があり、リンパの流れが良くなって、顔の浮腫みが取れます。
二の腕がすっきりします。

同じポーズでも脇の下を伸ばすことを意識してやるとまた違うところが筋肉痛になるという。
ヨガは1つのポーズで、どれだけ美味しいのか`!

お誕生日ディナ~❤ NYの人はどのレストランかわかるかな?

もうお気付きでしょうが、先月から、B.K.S. Iyengar師のポーズの写真をニュースレターに載せています。「ポーズを見せるためにヨガをやっているのではなく、ポーズを通して自分の身体を知るためにやっています」とクラスでしょっちゅう言っていますが、だからと言って自分で「まあここまでポーズができればいいや」と決めないで欲しいからです、目指せ!Iyengar師のようなポーズ!!!
例えば上の写真にある、Urdhava Mukha Svanasana (Upward Facing Dog)の、Iyengar師とYoga Journalに載っていた写真を比べてみて下さい。ねっ、違うでしょ。
私が学んでいるIyengar Yogaは、先生の資格を取るとさらに厳しくなります。先日、ある生徒さんから「先生達のクラスってどうなんですか?もっと説明が長いんですか?短いんですか?」と聞かれました。大体説明なしで、ポーズの名前だけ言われてそれをやります。Iyengar Yogaは、原則同じポーズを2回やるんですが、「Yukari, I’ll spotlight you.」と言われた時には、「あー、明らかにやっていないところがあるのか(涙)」なのです。みんなが画面を見ている中で、私は同じポーズをやります。上の写真のUrdhava Mukha Svanasana (Upward Facing Dog)を例に取ると、明らかに女性の方はお尻が前に押せてないし、胸が天井向いていませんね。太腿も床からもっと上げないといけません。腕の外旋に至っては全くやっていないですね。教える方がこの女性の写真のようにポーズを見せると、生徒さんもこのポーズはそんなもんか、と無意識に刷り込まれてしまうわけです。生徒さんはポーズを見せるためにヨガをやっているわけではないですが、ポーズを深め続けていくのがIyengar Yogaなのです。深める、というのは綺麗に見せるというわけではなく、もっと筋肉を使う、そしてもっと身体の隅々が意識できるようになる、ということです。「自分の使いやすい筋肉だけを使ってポーズをやるのではなく、使いにくい筋肉も使ってポーズをする」ともしょっちゅう言っていますが、使いにくい筋肉が使えるようになってくると、何とも言えない快感、というか嬉しさ、気持ち良さ、達成感、満足感、なーんか幸せ、ってな感じになります。Savasanaの気持ちいいこと!
これを繰り返していくと、アタマも心も幸せになってきます。
そのために、教える方はできるだけ、B.K.S. Iyengar師に近付けるように日々努力しているというわけです。が、私が画面で見せるポーズより、B.K.S. Iyenar師のポーズを刷り込んで欲しいので、その週のテーマに沿った写真を載せることにしました。
さて、今週は「胸が引き上がるとお腹も締まるし、気分も上がる!」
先週は、Urdhava Dhanurasana (Upward Bow Pose)を目指しました。どこが伸びましたか?どこが開きましたか?
胸が開いた人が多かったと思います。
胸が開くと澱のようにたまっていたネガティブな感情が出ていきます。
私はアイアンガーの査定テストに落ちた時、号泣しました。絶対落ちたくないからすごく勉強し、準備し、試験会場であったヒューストンにも2日前に入り、万全の体制で臨んだのに落ちたからです。しばらくヨガもやる気にならず。やっぱここまで歳とってから試験に落ちると打撃も大きい。別に人生が変わるわけでもないし、と思っても、ひたすら落ち込む日々。で、ようやくヨガがやりたくなって受けたクラスでこのUrdhava Dhanurasanaをしたら、涙が勝手に目から溢れて止まらなくなりました。泣きながら何度も何度もこのポーズをやったことを覚えています。クラスの後のSavasanaは完全に別世界に行ってましたね。その後はさっぱり!スッキリ!ヨガ、すごいわー!
自分の気持ちや感情をコントロールするのは難しい。でも身体は自分の意識でヨガをやっていくとコントロールできるようになっていきます。胸が上がると、気分の上がるのです!
ついでの副産物で、胸につられてお腹が引き上がり、引き締まるわけです。

まあ言うのは簡単ですが、「胸を上げる」のはかなり難しい。上げているつもりで全然上がっていなかった、というのが私の今までの経験。最近ようやく、「おっ、胸が上がると言うのはこういうことか!」と意識できるようになりました。そうすると全てのポーズが気持ちいい。全てのポーズで胸を開き続けられるからです。だから写真のIyengar師くらい胸が明らかに上がるようになると、どれだけ気持ちいいんだろう?と思います。

胸を上げるのは、胸だけ意識すればいいというものではない、ということを今週は学んで下さい。胸を上げるには、まず肩甲骨。そしてお腹、お尻、脚。最後に腕、という感じです。全身を使います。
Savasanaの後はポジティブなエネルギーでいっぱいになりますよ!

Iyengar Yoga のバイブル「Light on Yoga」
この本にあるポーズの写真を目指して、CIYT(Certified Iyengar Yoga Teacher)達は日々努力してまーす!