2021年 1月 11日

太腿の使い方で、体型が変わる!

今週のフォーカス

新年早々アメリカはすごいことになってしまっています。
昨日「60 minutes(←クリックすると番組が見れます)」を夫と一緒に見ましたが、合衆国連邦議事堂占拠は散々ニュースで映像を見ていたのにも関わらず、あまりの酷さに改めて唖然としました。いつもはノー天気な夫も、超憮然として二人共言葉にならず、でした。
ヨガは、Pratyaharaというプラクティスをします。一言で言うと、自分の心(精神状態)が五感(見る、聞く、触る、味わう、臭う)に惑わされないようにする、ということです。
年明け早々、惑わされっぱなしな私です・・・。

2021年 1月 4日

ヨガの王道、Surya Namaskara(太陽礼拝)

今週のフォーカス

「今年の抱負は・・・」なんて思っている内に、あっと言う間にもう1月4日ではないですか!
今日はお散歩の日で、片道1時間(往復2時間!)歩いて、夫のご両親のお墓参りに行ってきました。夫との人生をしみじみと振り返り、こんないい夫を生んで育ててくれた彼のご両親に心から感謝しました。そして「生きる」ということを思いました。生かされていることをありがたく思いました。
おしっ、今年も精一杯行くぞーっ!

2021年 1月 1日

新年のご挨拶

ヨガとは?

新年あけましておめでとうございます。

2020年、なんとも大変な年でしたが・・・、
私はオンラインのヨガのクラスを始めて、今まで知らなかったたくさんの人と繋がることができました。NYという場所にとらわれずアメリカ各地、カナダ、ヨーロッパ、日本のみなさんと繋がることができて、ほんとうに嬉しいサプライズでした。
そして、念願だったアイアンガーヨガの査定テストに合格しました。
アイアンガーヨガを習い始めたのは2006年ですが、2015年から2年間Teacher’s Trainingを受け、その後メンターの先生についてまさに「修行」し、英語と年齢と側弯症というハンディ(?)と、去年落ちたからまた落ちたらどうしよう?という恐怖感に何度もメゲそうになりながらも頑張ったーっ。
私にとって2020年は、大きな殻を破った年になりました。

2020年 12月 28日

ぶよぶよなお腹にならないために!

今週のフォーカス

クリスマス明けの今週は迷うことなく、「ぶよぶよなお腹にならないために!」

まず、何もせず、好きなものを食べて飲んでれば、ぶよぶよのお腹になることは間違いなし。ちょっとくらい「散歩しているから」では解消しませんからね。適当にYouTube見て、さらに適当に自分でアレンジしてやっても効果ないですよ。「努力しているんですけど」って言っている人が多いんですが、間違った努力くらい虚しいことはない。

2020年 12月 25日

Holiday Greeting

ヨガとは?

NYは暖かいけど雨風のクリスマスイブです。
みなさんいかがお過ごすですか。

2020年。
誰にとっても忘れられない年になりますね・・・。

2020年 12月 21日

しなやかに長く伸びる脚だからバランスが取れる!

今週のフォーカス

去年の今頃、1年後に世界がこんな状態になるなんて誰も想像していなかったでしょう。
いや、ほんと何が起こるかわからないです。出来る時にやりたいことをやって、会いたい人に会って、食べたいものを食べて、行きたいところに行っておかないとなー、と思い知らされた一年でした。(すんごい高価なワインをいただき、去年までだったら「すんごい特別な日」に開けよう!と取っておくと思うんですが、今年は夫も私も「今年のクリスマスに開けよう!」で一致しました。まあ今年はある意味特別なクリスマスですからね。)

2020年 12月 13日

ショルダースタンドへの道のり 第2弾

今週のフォーカス

今日は、選挙人投票の結果、Joe Bidenが正式に次期大統領に決定し、そしてアメリカで最初のコロナウイルスワクチンが接種されたという、歴史に残るニュースな1日でした。長いトンネルの向こうに光が見えてきていますが、ほんと心身共に健康に元気に、この冬を乗り越えましょう!

2020年 12月 6日

バストアップで気分もアップ!

今週のフォーカス

NYは寒くなってきました。(と言ってもまだ40F台ですけどね。)
そしてコロナウイルスの感染拡大の暗いニュース&ずーっとPCに向かって仕事→胸が縮んで凹んで下がります。
そうすると、いくら「前向きに~!」と言い聞かせても、気持ちも沈みます。
これから長い冬を乗り越えるのに、それではいかん!!!

2020年 10月 27日

「呼吸」

今週のフォーカス

実はヨガのポーズは呼吸を深くするためにやっているとも言えます。
しかし、アイアンガーヨガは、いちいち、例えば「はい、息を吸って腕を上げて~」「息を吐きながら下します」と呼吸の指示をしません。
もちろんする時もあります。